2008年4月19日 (土)

ギャラリーがらん日記・63

Img_0429_3

http://www.gallery-garan.com/

この頃の、こらえ性のないような殴りつける雨の中、

傘さして行ってきました大丸ミュージアム

■「写真」とはなにか・20世紀の巨匠たち■

社会派アート派おりまぜての14人スーパースター展、

当然14人ですからそれぞれの「一部展」ですが、一部オムニバス

とはいえこれらと一気に向かい合うには

それ相応の体力が要ります。仕事途中ということもあり

120枚に集中して一時間半、・・外は嵐。

まぁ、空いている時間を狙ったんだけど、疲れました。

こちらはノーテーマという態度しかないですねこういう時。

会場に入ると、いきなり社会派ルイスハインの少年労働者シリーズ

ときて次がマンレイのシュールレアリズムはマルセルデュシャン像、

で振り返るとその壁にW ユージンスミスの戦場の赤ん坊、

アンドレケルテスの、パリで婦人の肩に手が見えて

あっ、隣りで崩れ落ちるスペイン兵はキャパ・・・ってかんじ。

大変ですもう。足もむくみました。写真圧の極めて強い写真と

向かい合うのはつくづく鍛えられます。疲れちゃった。

Img_0420

仕事の打ち合わせを終えると、また傘さして、今度は

新宿全労災ホール・スペースゼロにて演劇「出番を待ちながら」。

ノエル・カワードの英国戯作の原題はWAITING IN THE WINGS、

引退した身寄りの無い女優のための慈善ホームでのお話。

かつて栄華を極めたスター女優の、その人生の黄昏を描いた

作品。この翻訳劇は2006年の再演です。

その時は俳優座に二回足を運びました。

WINGSとは、舞台裏、という意味があるそうです。

高齢の女優たちがそのまさに年老いた女優を演じる、という

お芝居。「演じているつもり俳優」が氾濫してしまった昨今、

ここにあるその演じるキレの良さは、たとえようもなく

気持ちのいいものです。

役者が生み出す痛快っていうのは、こういうものなんだ

って思う舞台。それも、

できることなら人に見られたくはない境遇を題材に、

屈辱や運命を笑い飛ばして生きる、あるいは死んでゆく

人生の演技者たち。こういった舞台がどこかココロにひりひりと

染み入ってくる時間は貴重なものがあります。

上手くは言えませんが、何かのチカラに励まされて劇場を出ると、

相変わらずの殴りつける風雨に、

エイヤと勢い良くおんぼろ傘を開いた自分がそこにいたわけです。

http://www1.odn.ne.jp/kiyama-co/

Img_0909_2 Img_0387_2 Img_0378_2

Ccf20080415_00003 Ccf20080415_00004

| | コメント (0)

2008年3月22日 (土)

ギャラリーがらん日記・58

Img_0885

http://www.gallery-garan.com/

今日は天気もよく、カメラを持ってぶらぶらと北口方面に歩いて

田中遼馬さんの陶芸展にお邪魔してきました。

田中さんの器やカップ、お皿は洋ナシの形やデザインが施されています。

田中さん自身、一年ほど前に思いつかれたそうです。

が、それがなかなかいいのです。

我が家でも、コーヒーカップと小鉢を使っておりますが

なかなか、いい感じ。

一様に肉薄で主張しすぎない気品とシャレがある。

ちなみに田中さんは立教大学を卒業されたばかりの

まさにフレッシュマン。今後のご活躍を期待しております。

http://kokeiro.michikusa.jp/

帰りがけ、路地で枝ぶりが見上げれば

桜がひとつふたつと開花しているじゃありませんか。

不思議ですね。まだ、誰も気づいていない路地裏で見上げて

少し得した気分になる。

ボブも飼い主も少しだけ得した気分になる。

たったひとつの桜の花で、世の中が、そのすごく短い瞬間だけ

平和になるんですね。

その隣の梅やモクレンは、もうすっかり満開。

そちらもじっくり見上げました。

Img_0810 Img_0862 Img_0902 Img_0914

Photo Photo_2

| | コメント (0)

2007年10月13日 (土)

ギャラリーがらん日記・28

夕方、電車を降りるとプラットホームで

食べ物の匂いがするのが西荻窪駅。

なにやら、一杯やりたくなるような大衆的香り。

なにを食べても美味しい季節なので、西荻窪に来られるのは

最適なシーズンです。

西荻はどこの食べ物やさんにはいっても、

ある程度美味しいのが特徴の街です。

さて今日は、東池袋にある劇場、あうるスポットの杮落とし

木山事務所公演「駅・ターミナル」を観てきました。

堤春恵作、末木利文演出

主演は文学座の外山誠二さん、女優は久世星佳さん

伊藤博文と津田塾大学の創始者である津田梅子の物語です。

近代日本の草創期、その女性と男性の価値が揺れ動く中で

初代総理大臣と日本初の帰国子女の

日本人として生きる価値をめぐる、列車を舞台とした演劇です。

現代日本と微妙にからむその時代的価値観が興味深く、

軍靴への警鐘を鳴らすともいえる問題作であり、なかなかの秀作でした。

帰り道パンフレットを読みつつ、西荻窪の駅を降りると、

さっき観た芝居のストーリーをもう一度頭で反芻しながら

私はそのまま北口の西友へ。

とりあえず葱と鶏もも肉とつくねなど買い込み

同時に、本日の夕餉を材料から思案中。

と、気がついたのは、パンフを読みながらパンフ降りたとき

一番線のホームでは、ぷーんと焼き鳥のよい匂いがしたからです。

ちなみにこの匂いは、ガードのすぐ下、

かの「戎(えびす)」から立ち上っていたものと思われます。

個人的には「戎」というと、焼き鳥はもちろんのこと

牛すじ煮込みの豆腐、おススメです。

特報 12月に今田まりさんの個展が開催されます。

超牧歌的動物と子供が登場する、なかなか個性的な

イラストレーションです。詳細は、またお知らせします。

http://www.gallery-garan.com/

Img_3842 Img_3840 Img_3849 Img_3956

Photo Photo_2

| | コメント (0)

2007年10月 8日 (月)

ギャラリーがらん日記・27

ここへ来て秋の気配もぐっと深まり

キンモクセイの花が香り立ち始めました。

先日千葉は木更津まで秋の味覚ハゼを釣りに行って来ました。

ハゼは、1年しか生きない、とても体のきれいな魚です。

木更津の金田には、

まだ海苔のひび(栽培場)がたくさんあり

ハゼはひびにつく海苔を食べています。

アサリ船の船底にもアオサなどが着いたりして、

ハゼがそれを食べに小さな港へ入ってくるのです。

木更津のハゼはそれで味がとてもよいのです。

釣りたてのハゼは、背開きにして衣をつけ

サラダ油に一割ほどゴマ油を入れて

熱めの温度で、からっと天ぷらに揚げます。

天つゆは少し甘辛い方がハゼには合っています。

13㎝から18㎝ほどのハゼを、

ひとつひとつ背開きにするのは大変ですが、

その美味しさに負けて、せっせと釣りのあとの一苦労となります。

加えて、骨せんべいは絶品。他人に食べさせてあげると、

大概の方は「これ美味しい!」と、

その意外さに思わず言葉がもれます。

熱燗のご用意をお忘れなく。

特報。がらんexhibition 第4弾

竹原由紀+籾山由美 「gift-幸せをかたちに ふたりから-」

11月下旬よりの開催が決まりました。

フードコーディネーターの竹原由紀さんと

華道家の籾山由美さんによる

食&華の独創コラボレーション。

詳しくは、後日。がらんホームページにて予告させていただきます。

http://www.gallery-garan.com/

Img_3785 Img_3831 Img_3860 Img_3863

Photo Photo_2

| | コメント (0)

2007年9月10日 (月)

ギャラリーがらん日記・22

http://www.gallery-garan.com/

Img_3435

盛況、山下カリ「猫のいる街」展、残すところあと2日です。

追加作品も含め、西荻らしい陶芸猫が背中の蓋をあけて

あなたの大切なものを入れてくれることを、

ひたすらお待ち申し上げております。

「特製 肉球箸置き」などはお買い得。

数に限りがございます。早めのご来場のほどを。

世間は、どうやら秋の気配。

西荻路地裏の生きている猫たちもすこしは過ごしやすくなって

我が物顔になわばりを闊歩しています。

そんな野良ネコと一緒に西荻の街を散歩してみてはいかがてすか?

まとわりついた、この夏の疲れがゆっくりゆっくり

解けてゆくことでしょう。

そんなあなたらしい自由で呑気な時間を

ギャラリーがらんでお過ごしいただければと思います。

さて、来る9月13日からはこれはがらっと趣をかえ、

中央大学理工学部写真会「9月展」が始まります。

がらんというファインダーから、ユニークな現代の若いヴィジョンを

お楽しみください。乞う、ご期待!

Img_3452 Img_3414_2 Img_3462 Img_3501

Photo Photo_2

こちらのブログもご覧ください。

西荻路地裏日記

| | コメント (0)

2007年9月 1日 (土)

ギャラリーがらん日記・21

Img_3464

http://www.gallery-garan.com/

『図工夫婦展』竹嶋浩二&玲、無事終了です。

と、思うまもなく、山下カリ『猫のいる街』展の準備となりました。

西荻のとある路地裏に五十匹の陶ネコ、ガラスネコが

続々と集まってきています。

カリさんの猫はいまにも動き出しそう。

でも、よく見ると猫の背中に…あれ?

フタがついてる!壁からはステンドグラスの猫も

興味深そうにのぞいています。

もちろん、猫カップに猫壺、猫急須、猫ペーパーウェイトに、

猫花器、猫本立て、果ては猫帽子掛けまであって、

猫好きなあなたのご来場を、

お待ちしてみゃーす!

9月2日初日の夕方は、簡単なお祝いもあり、

居合わせた方はラッキーです。

猫好きの方、お誘い合わせのうえ、

興味本位でもいいですから、がらんにおいでください。

11日まで休みなしでやってます。

ところで、速報!

きたる9月7日、夕方4時50分~5時あたり、

日本テレビ「リアルタイム」にて

がらんのオープニングにお花を届けてくれた

長本兄弟商会有機八百屋&レストランバルタザールが

とりあげられます。

お店にGARANのロゴを貼ってくれたりしています。

みなさん、ON AIRぜひ見てください。

Img_3521 Img_3437 Img_3499 Img_3487 Img_3533 Img_3541

Photo

こちらのブログもご覧ください。

西荻路地裏日記

| | コメント (0)

2007年8月19日 (日)

ギャラリーがらん日記・18

Img_2933_2

http://www.gallery-garan.com/

来る22日、いよいよギャラリーがらん西荻がオープンします。

やっとこの日までこぎつけました。

竹嶋浩二&玲『図工夫婦展』は、

おふたり夫婦にとって、いにしえの図工室というイメージを

現在の日常ならび生活に置き換えた、

そのおおいなるギャップをもふくめて

ありのままに展示される空間です。

さて、あなたにとっての図工室とは

この西荻窪でどう蘇るのでしょう。

ちなみに、僭越ながらオーナーである私の場合は

水彩絵の具がにじんでそりかえった画用紙の中で

夢中になって描きつけた窓辺のグラジオラス、クロッカス…。

でも、ふと隣で描いているトキヤ君の

その威風堂々たる深紅のダリア。

まったくもって、自分の力の及ばないそのおおらかなる筆致に

劣等感を抱いた少年の日。

そんな淡い思い出を呼び起こしてくれるものであります。

みなさん気軽に西荻においでください。

22日18時より、ささやかな乾杯も予定しております。

ぶらっとがらんを覗いて見てください。

http://www4.plala.or.jp/zukoushitsu/

Img_2920_2 Img_2939_2 Img_2884 Img_2764

Photo

Photo_2

こちらのブログもご覧ください。

西荻路地裏日記

| | コメント (0)

2007年8月 3日 (金)

ギャラリーがらん日記・16

http://www.gallery-garan.com/

ピクチャーレールにとりつける

ワイヤーハンガーを専門メーカーのタキヤさんから購入。

来週には、アーティストの竹嶋さんと、オープニングアクト

「図工夫婦」展の具体的な展示についての打ち合わせをします。

梅雨はあけたのか、あけていないのかわかりませんが

毎日すごい湿度の日々でなんだかアジアな夏が続く感じです。

がらんの準備がちょっとひと段落ついて、一休みしたいところですが

ここで気を緩めると一気に疲れがでてしまい、

夏バテなどとなりかねないので、とりあえず

近所の鰻屋さん「源内 丑亭」にてうな重を食べました。

丑亭さんの前を朝方通ると、

よく空気詰めのビニール袋に入った鰻が置いてあって

中で鰻が元気よく泳いでいます。

ここのマスターは国産鰻にこだわっていて

なかなか大変だとは思いますが

その味はお重の中で、確かに力強く実証されています。

何によって実証されているかと言うと、

それは食べればわかるのです。

鰻を焼くタレとご飯にかけるタレは、

味をビミョーに分けて別々にしているそうです。

鰻に蒸しがはいって、焼きあがるまで

とりあえず、グラスの生ビールと枝豆で疲れた頭を休めていました。

「マスター、今度ギャラリー始めることにしたんだけど、

リーフレット置かせてくれる?」

「いいよ」

やりとりはそれだけ。もう付き合いも長くなりました。

マスターはいい人です。

外は雷が鳴っていました。

Img_2836_2 Img_2887_4 Img_2861_4 Img_2860_4

Photo_4

Photo_5

こちらのブログもご覧ください。

西荻路地裏日記

| | コメント (0)

2007年6月24日 (日)

ギャラリーがらん日記・10

西荻は割と野鳥の多いところです。

もちろん、井の頭公園や善福寺公園とは

比較にならないでしょうが

何気ない街並みの緑が豊富なので

季節の鳥を普段の暮らしの中で楽しめます。

先日も「がらん」から百メートルほどの小さい公園に

メジロがつがいで長いこと鳴いていました。

他にもよく見かける鳥としては、

シジュウカラ、ウグイスなどがいます。

いまはツバメがいろんな軒下でヒナを育てていますね。

さて、ゆっくりと育ちはじめた「がらん」ですが、

外装施工が始まりました。

「がらん」のシンボルとなる小さいステンドグラスも

一週間後にあがってきます。

今週は、内装の内ドアのはめこみと、電気系統のリフォームが

予定されています。

ようやく、ヒナからちょっとだけ羽がはえてきた感じですね。

話は変わりますが、目黒区美術館にて開催していた

「原マスミ大全集」展、行って来ました。

驚くばかりの展示量と、

その作品的完成度の高さにあらためて圧倒された次第です。

もうすぐ終わっちゃう新宿オペラシティでの

「藤森照信」展もなんとか行きたいと思っています。

美術展は、必ずインスパイアされるものがあります。

だから疲れていても、自分を解放するためにでかけます。

猫と、鳥と、美術館、という西荻的お題でした。

Img_2552 Img_2645 Img_2651 Img_2590_1 Photo_29 Photo_30

こちらのブログもご覧ください。

西荻路地裏日記

| | コメント (0)

2007年6月10日 (日)

ギャラリーがらん日記・8

外はすごい雨です。

ようやく施工の打ち合わせがまとまり、6月の半ば以降、

工事がはいることが決まりました。

それにしたがって、半地下部の本格的な片付けと

今後のことについて打ち合わせを重ねた一週間でした。

さすがに疲れて、親知らずの痛みもなかなか消えずにいます。

これから施工完了までの期間は根本くんと

今後の開催者の公募ならびに提案に

時間をかけていこうと思います。

いまのところ、8月お盆すぎに

第一回の記念すべき展示ができるように

スタッフ一同、アイデアを出し合っている最中です。

ここのところ、運動会やら仕事やら片づけやらボブやら

すべてが重なってしまい、

体力のいる梅雨入りとなりそうです。

写真は、しばらく初夏の日差しをブログだけでも掲載していこうかと。

ともあれ、いよいよ施工です。

Img_2532_1 125_1 Img_2510_1 Img_2528_2

 

Photo_24

Photo_25 

こちらのブログもご覧ください。

西荻路地裏日記

| | コメント (0)

より以前の記事一覧